大自然に育まれた安全でおいしい卵づくり

example.com

トップページ / 安心・安全へのこだわり / サルモネラワクチン接種
安心・安全へのこだわり

サルモネラワクチン接種

サルモネラワクチン接種への取組は早く、平成15年2月から接種を始め、鶏の入替が一巡した平成16年8月にすべての鶏にサルモネラワクチン接種が終わりました。

一貫体制、全卵が自社のみである松原の卵は以後すべての卵がサルモネラワクチン接種済みの卵です。

2010年夏、アメリカ疾病管理局(CDC)はサルモネラ汚染の疑いのある卵の回収命令を出し、アメリカ全土で4億個以上ともいわれる空前のリコールとなりました。日本でも減少しているとはいえ毎年サルモネラ中毒が発生しています。

松原養鶏場では、すべての鶏にサルモネラワクチンを接種すると同時に、定期的にJA全農たまご様の高水準の安全衛生検査体制「JAクリニック」で、卵、鶏舎、鶏糞の検査を受け、常に安全に対する取組みを実行しています。

JA全農たまご株式会社≪サルモネラ対策の取り組み≫
http://www.jz-tamago.co.jp/06-g.htm

ページトップへ

Copyright(C)2010. Matsubara-Youkeijo All Rights Reserved.